小学生の視力回復方法「子供は自宅トレーニングで近視を治療できます!」

小学生の子供の視力回復方法を教えます!

 

 

実は、うちの子が小学3年生のとき、視力が「0.5」くらいまで落ちたんです。このときは、ほんとうにあせったし、どうしようかと悩みました。

 

でも、小学生の子供の視力は、視力回復トレーニングをやれば回復できると聞いたんです。というのも、大人の近視と違って、「仮性近視」という状態である可能性が高いからです。

 

そこで、すぐに視力回復トレーニングのセットを取り寄せて、子供に毎日させるようにしました。


 

1か月のトレーニングで視力が「1.0」まで回復しました!

 

うちの子供はけっこう飽きっぽい性格なんですが、私が取り寄せた視力回復トレーニングのセットはとても簡単にできる方法だったので、三日坊主にならずに続けてくれました。そして、1ヶ月くらい続けさせた結果、視力を「1.0」まで回復させることができたんです。

 

すぐに効果が出たのでびっくりしました。
そして・・・

 

 

視力回復トレーニングが間に合ってよかったってホッとしました

 

 

あなたのお子さんの視力も、まだまだ回復させることが可能だと思います。あきらめてしまわないで、少しでも早く、視力回復トレーニングを始めてみることをおすすめします。

 

 

→ うちの子供が視力回復した方法

 

 

小学生の子供の3人に1人が近視予備軍?!

 

文部科学省の調査結果によると,「裸眼視力1.0未満」の割合が,幼稚園児で約26%,小学生で約30%,「裸眼視力0.3未満」の割合が,幼稚園児で約1%,小学生で約8%となっています。以下に表にしてまとめます。

 

裸眼視力1.0未満 裸眼視力0.3未満
幼稚園児

約26%

約1%

小学生

約30%

約8%

中学生

約53%

約22%

高校生

約56%

約26%

 

このデータを見ていただくと,小学生の子供の時期に「視力」に気をつけておかなければ,中学・高校と成長するにつれて,近視の症状が進行していくことが分かります。ぜひ,あなたも,お子さんの視力について,気をつけてあげてください。

 

 

とにかく重要なのが早期発見・早期対応

 

近視には大きく2種類あります。それは・・・

 

仮性近視(←筋肉の一時的な緊張によってピントが合いにくい状態)

真性近視

 

もし,あなたのお子さんが,「仮性近視」の状態であれば,近視の進行を止め,元の視力に戻すことが可能です。つまり,なるべく早期に子供の近視に気づいてあげることが何よりも重要なんです。

 

 

 

こんな症状に注意してください!!
  • 勉強中に極端に顔を机に近づける
  • テレビを近くで見ようとする
  • 目を細めてものを見る
  • 目を頻繁にこする

 

もし,こういうシグナルがひとつでもあれば,「うちの子,近視になりかけてる?」と疑ってみてください。お子さまの視力低下に少しでも早く気がついてあげるのが,親であるあなたの責任です。


 

 

子供の視力が落ちてもあきらめたらダメ!!

 

 

「気づくのが遅れた?!」でも、あきらめるのはまだ早いです!!

 

 

小学生の子供たちの視力回復トレーニングはなるべく早く始めるようにしてください。

不幸にして,すでにあなたのお子さんの視力が低下してしまっているとしても,まだあきらめるのは早いです。今の現状は現状として受け入れつつも,状況を変えていくための対策を打つ必要があります。それも,なるべく早く行動することが重要です。

 

子供のうちなら,視力回復トレーニングをすることで,視力がある程度回復する可能性が高いです。というのも,近視の要因が普段の生活習慣の蓄積で起こっていることも多く,視力回復トレーニングによって,「しっかりモノを見る能力」が向上したり,目に悪い生活習慣を見直すきっかけになったりすることが多いからです。

 

あきらめるのはまだ早いです。ぜひ,視力回復トレーニングに取り組んでみてください。そして,始めるなら,なるべく早いほうがいいです。

page top