小学生の視力回復方法「子供は自宅トレーニングで近視を治療できます!」

大人と子供では異なる視力回復方法

 

大人と子供で視力回復方法は異なる

近視には大きく分けて「真性近視」「仮性近視」の2種類あります。それぞれ簡単に説明しますと・・・

 

「真性近視」はレンズ(角膜,水晶体)の厚みを調整する機能が不十分であったり,眼球そのものの形状に問題を生じてしまっているケースです。

 

一方で,「仮性近視」は,眼球周辺の筋肉の一時的な緊張状態によって,ピントが合いにくくなっている状態です。仮性近視の場合は、緊張状態をうまく解消することができれば,視力を元に戻すことが可能です。

 

大人の近視はほとんどが「真性近視」であり,一般的に視力が自然に回復することはありません。一方で,子供の近視は「仮性近視」であることも多く,視力回復トレーニングを行ったり,生活習慣をみなおしたりすることで,視力が回復する可能性は十分あります。

 

また,仮に「真性近視」がある程度進んでしまった状態であっても,「真性近視」と「仮性近視」が混在した状態のため,視力回復トレーニングを行うことによって,ある程度の視力回復が期待できます。

 

以上を踏まえて,大人と子供の一般的な視力回復方法についてご説明させていただきます。

視力回復の基礎知識記事一覧

子供の視力回復方法としては,主に次の3つが考えられます。眼科での点眼の処方眼科での視力回復トレーニング民間の視力回復センターただし,これらには共通する欠点があります。それは・・・費用が高い費用については,一概には言えませんが,とある民間の視力回復センターの場合・・・入会金1万円程度月々1〜2万円程度×●年間(←ここがポイント)視力回復が見込めない場合にも,そこまでに費やした金額と時間を無駄にしたく...

大人の近視は,レンズ(角膜,水晶体)の厚みをコントロールする機能だけでなく,眼球の形状そのものが原因であることが多いため,簡単なトレーニングだけでは回復しにくいのが現状です。そこで,成人の視力回復方法としては,一般に以下の2つが採用されております。レーシック(LASIK)オルソケラトロジー詳細は以下を参照してください。レーシック(LASIK)目の角膜にレーザー光線を照射して歪みを矯正し,光の屈折を...

page top