小学生の視力回復方法「子供は自宅トレーニングで近視を治療できます!」

子供の視力回復とレーシックについて

小学生の子供はレーシック手術で視力回復できるでしょうか?

レーシックというのは、角膜の厚みをレーザーで調整して、視力を回復させる手術です。レーシックは、大人の視力回復方法としては一般的で、かなり実績もありますが、子供の視力回復法としては採用されていません。

 

子供の視力は、仮性近視から真正近視になって、成人するまでどんどん悪くなっていくのが一般的です。目安としては、18歳くらいまでは視力低下が進行すると考えられています。

 

そのため、近視になった根本的な原因を取り除かない限り、小学生の子供がレーシックをしても、そのときは一時的に見えるようになりますが、そのまま近視が進むことになります。

 

レーシック手術は、真性近視が進み切った先の最後の手段です。あなたのお子さんの場合は、まだ仮性近視の段階だと考えられますので、視力回復トレーニングを行なって、真性近視への移行を食い止めるようにしてください。

 

小学生のお子さんには「視力回復トレーニング」に早急に取り組んでいただき、仮性近視のうちに視力を回復することをおすすめします。真性近視になってしまうと、そのまま近視が進んでしまいます。早く取り組めば、それだけ視力が回復する可能性が高くなりますので、すぐにでも始めるようにしてください。
page top