小学生の視力回復方法「子供は自宅トレーニングで近視を治療できます!」

三日坊主にならない方法

小学生の子供が、三日坊主にならずに視力回復トレーニングをやってくれるでしょうか?

小学生の子供

子どもというのは、どうしても飽きっぽいものです。例えば、勉強の参考書を買い与えても、なかなか実践してくれなくて困ってしまいますよね?

 

なぜ子供が三日坊主になってしまうかというと、その「必要性」を理解できないため、モチベーションが続かないからです。勉強することが自分の将来にプラスになると「言葉」で言われても、それを心底理解することができないわけです。

 

視力回復トレーニングについても同じことで、視力が悪くなると困るというのを「言葉」で言われても、実感として心底理解することができません。そのため、モチベーションが続かずに、三日坊主になってしまったりします。

 

そこで、ご両親に考えていただきたいこととして・・・

 

 

この3点を意識していただきたいと思います。

 

 

子供が楽しく取り組めそうな視力回復法を選ぶ

 

まず最初のステップとして、子供が興味を持ってくれないといけません。子供に「やってみよう!」と言ったときに、子供が食いついてくるような方法でなければいけません。

 

当サイトでおすすめしている視力回復トレーニングには、「ヒモとビーズを使ったもの」であったり、「ゲーム形式のもの」であったり、とにかく「子供が興味を持つ」ことを意識した方法がいろいろあります。

 

このようなものは、基本的にお子さんがパッと食いつきますので、視力を回復させるきっかけとしてとてもおすすめです。

 

 

子供が簡単に取り組めそうな視力回復方法を選ぶ

 

いくら効果的な視力回復トレーニングであっても、実践することが難しいものは、子供は続けることができません。たとえば、理論を深く理解しなければできないようなものは、子供にはムリだと思います。

 

そのようなものではなくて、「ヒモとビーズを使ったもの」であったり、「ゲーム形式のもの」であったり、小学校低学年のお子さんでも、理屈抜きに取り組める簡単なものがおすすめです。

 

難しい理論を子供に語っても、全く無意味です。とにかく簡単で楽しいトレーニング方法を選んでください。

 

 

子供のために、ご両親もいっしょにやってみる

 

親子でいっしょにやってみる

子供にトレーニング方法のマニュアルや道具を渡して、それで終わりではダメです。

 

いくら効果的な視力回復法であったとしても、子供はその方法に取り組まないといけない理由を心底理解してはいません。そのため、2〜3日くらいはやるかもしれませんが、間違いなくそれで止めてしまうことになります。

 

「目が悪いと将来困るよ!」

 

このようなことを言葉で言われても、言葉の表面的な意味は分かりますが、ご両親の「真心(まごころ)」まで理解することはできていないわけです。

 

 

そこで重要なことが、最初の1ヶ月くらいは、ご両親もお子さんといっしょにやってみるということです。もっと言えば、「トレーニング」という堅苦しいものではなくて、お子さんといっしょに「遊んであげる」という軽い感覚でやっていただくのがいいです。

 

トレーニング → 厳しい表情 → つまらない → やりたくない

遊んであげる → みんな笑顔 → 楽しい → やりたい

 

子どもというのは、「楽しい」というイメージがあるものは、積極的にどんどんやってくれます。なので、この「楽しい」というイメージを、子供の潜在意識の中に刷り込んでいくことが有効です。

 

つまり、「視力回復トレーニング」と「あなたの笑顔」がイメージとして結びつけば、お子さんはよろこんで視力回復トレーニングをやるようになります。子供のモチベーションを高めるのは、「言葉」ではなく、「楽しいイメージ」なんです。

 

 

「子どもといっしょにやってみてください」と言うと、「なんだかめんどくさいなー」って思うかもしれません。ですが、大切なお子さんの視力のためです。最初の1ヶ月、ご両親もいっしょになって取り組んでみてください。

page top