小学生の視力回復方法「子供は自宅トレーニングで近視を治療できます!」

【視力回復Q&A】視力回復できる子と視力回復できない子供

小学5年生の男の子がいるのですが、最近、視力が低下してきているみたいで、黒板が見にくくなってきているみたいです。それで、田中謹也さんの視力回復トレーニングを始めるべきかどうか悩んでいるのですが、始めたほうがいいと思われますでしょうか?気になっているのが、視力回復する見込みがあるなら始めたいと思っているのですが、視力回復する見込みがないならメガネにした方がいいかもしれないと思っています。視力回復できる子と視力回復できない子供の違いって何なんでしょうか?うちの子供が視力回復できるかどうか、どのように思われますでしょうか?

お子さんの視力が低下してきているとのこと・・・。
とても心配ですね。

 

小学5年生で視力が低下し始めたということで、
おそらく「仮性近視」の症状が出てきているのだと思います。

 

 

仮性近視というのは、目のピント調整を行う筋肉が
ギュッと固まったような状態になっていて、
十分に動かせなくなっている状態です。

 

原因としては、例えばゲームの画面などをずっと見続けることで
目の筋肉(※毛様体筋といいます)に力が入りっぱなしになって
筋肉が緊張状態になっていることです。

 

 

そこで、目のストレッチを行って緊張を解いてあげて、
遠近トレーニングなどでピント調整機能の回復をさせることが
とても大切なことになるわけです。

 

 

ご質問いただいた、
「視力回復できる子と視力回復できない子供の違い」
についてですが、、、

 

視力回復できない子供というのは
仮性近視の状態のままほったらかしにして
真性近視に移行してしまった子供です。

 

 

視力低下の症状が見られ始めてから
1〜2年のうちに視力回復トレーニングを始めれば
多くのケースで視力回復は可能です。

 

だからこそ、視力回復の見込みがあるかどうか悩んで
時間をムダにするのではなく、すぐにでも視力回復トレーニングを
開始することが大切なんです。

 

 

仮性近視であれば、視力回復は可能です。
視力が悪くなりかけの早い時期に始めたいです。

 

小学生ならすぐにでもやってみるべきですし、
中学生や高校生でも回復する見込みはあります。

 

 

とにかく行動することが大切ですね!

page top