小学生の視力回復方法「子供は自宅トレーニングで近視を治療できます!」

【視力回復Q&A】スチームで目を温める機械の視力回復効果

中学生の娘がいるのですが、目がしょぼしょぼすると言っていて、かなり目が疲れているみたいです。それで、自己流でマッサージとかしてるみたいなんですが、なかなか目の疲れが抜けないみたいで、視力も少し低下してきてるように感じるそうです。そこでご相談したいのが、スチームで目を温める機械が売られていますが、もしこういった機械が娘の視力低下防止に役立つのであれば、購入を検討したいなと思っています。スチームで目を温める機械は実際のところ視力低下防止に効果はあるんでしょうか?

中学生の頃は視力が悪くなりやすいですし、
お子さんのケースもとても心配ですね・・・。

 

目が慢性的に疲れているとのことで、
このままの状態を放置するのは
かなり問題があると思います。

 

目が疲れにくくなるような対策が早急に必要ですね。

 

 

スチームで目を温める機械とは何か?

 

 

スチームで目を温める機械というのは、
パナ○ニックなどが販売しているやつですね。

 

アイマスクみたいな形状の機械で、
目元に10分程度スチームをあてて温めて、
目をリラックスさせるというものですね。

 

 

これは私も家電量販店で使ってみたことがありますが、
目の周りがじんわりと暖かくなってきて、
たしかにリラックス効果はあると思います。

 

目が疲れている場合には、
目の疲れをやわらげる効果もありそうです。

 

 

1万円程度でそんなに高くないですし、
家族みんなで使うといいかもしれないですね。

 

 

ただし・・・

 

 

一番効果的なのは目のストレッチです!

 

 

スチームで目を温める機械はそれなりに効果的だとは思いますが、
目の慢性的な疲れを解消する一番効果的な方法は、
やはり「目のストレッチ」ではないかと思います。

 

具体的にはこちらのマニュアルで毎日実践するストレッチです。

 

↓↓↓

 

楽々!視力アップ マニュアル

 

 

スチームで目を温める機械はどちらかと言うと「対処療法」です。

 

効果はあると思いますが、疲れ目の根本的な原因を
取り除くことができないので効果は一時的です。

 

 

一方で、目のストレッチは「原因療法」です。

 

日々の生活にストレッチを取り入れることで、
目の筋肉が適度に鍛えられますし、
目の筋肉の自己再生能力も高まっていきます。

 

つまり、疲れをとるだけではなく、疲れにくくなるということです。

 

 

結論としては・・・

 

 

目のストレッチを日常生活に取り入れつつ、
スチームで目を温める機械も活用して
心身ともにリラックスするのがいいと思います。

page top