小学生の視力回復方法「子供は自宅トレーニングで近視を治療できます!」

【視力回復Q&A】学校の視力検査と眼科の検査で結果が違った

小学生の息子のことで質問があります。先日の学校の視力検査ではB判定をもらってきていて、慌てて近所の眼科に連れて行ったのですが、眼科ではA判定とのことで特に問題はないと言われました。この場合、息子の視力は本当に問題ないと考えていいのでしょうか?それとも、セカンドオピニオンとして、他の眼科にかかったほうがいいのでしょうか?子供の視力は大切ですし、なるべく間違いのない対応をしてあげたいのですが、どうするのが一番いいと思いますか?

眼科で視力検査を受けて問題なかったのであれば、
おそらく本当に問題ないんだと思います。

 

眼科の先生も、お子さんが学校の視力検査で
引っかかってることは分かってて再検査してるわけですよね?

 

なので、「問題なし!」と結論付けるからには
それなりの自信があるんだと思います。

 

 

なぜ学校と眼科で視力検査の結果が違ったのか?

 

 

学校の視力検査では「C」マーク(ランドルト環)の
隙間がどこにあるかを当てる検査が行われています。

 

この検査ですが、正確にやろうと思うと
設備や手順や環境などを細かく整える必要があるのですが、
学校の視力検査ではそこまで厳密ではありません。

 

 

例えば、、

 

  • 子供同士でふざけてて集中していなかった
  • 測定する人が視力検査に不慣れだった
  • 立つ場所が遠かった
  • 検査会場が全体的に暗かった
  • 目やになどで目がかすんでいた

 

他にもいろいろあると思うんですが、
学校の視力検査で問題ありと判定された場合でも、
眼科では問題なしとなることはありえるわけなんです。

 

 

逆に・・・

 

 

子供の視力低下に気をつける意識が大切です!

 

 

学校の視力検査で問題なしだった場合にも、
実は視力低下が進んできているという可能性もあります。

 

  • 子供が目を細めて検査を受けていた
  • 立つ場所が近かった
  • 子供が当てずっぽうで答えたらたまたま当たった
  • 測定する人が視力検査に不慣れだった

 

つまり、学校の視力検査の結果だけを鵜呑みにせずに、
子供の視力低下がないかどうかを
ご両親が常に気にかけていることが大切だということです。

 

もし子供が見えにくそうな素振りを見せている場合には、
早め早めに適切に対処してあげてくださいね!

page top