小学生の視力回復方法「子供は自宅トレーニングで近視を治療できます!」

子供の視力を守るためにやるべき5つのステップ

 

子供の視力が落ちてきたとしても、
あきらめるのは早いです。

 

子供の仮性近視は、すぐに適切な
対応をすれば、ほとんどの場合で
回復させることが可能だからです。

 

 

とは言っても・・・

 

 

具体的にどういう対応をすれば
いいのかが、いまひとつピンとこない
のが現実かもしれません。

 

 

そこで、子供の視力が落ちてきたときに、
ご両親がどういう対応を取ればいいのか
5つのステップでご説明します。

 

 

子供の視力を守るためにやるべき5つのステップ記事一覧

子供の身体はどんどん成長して大きくなっていきますが、、、逆に言えば、身体が未発達で、非常に不安定な時期であると言えます。そのため・・・子供の「目」も、非常に不安定な状態で、ちょっとした刺激を受けただけでも、見え方にトラブルをかかえてしまいます。年に1回の学校検眼を過信しない!毎年4月頃になると、学校で「学校検眼」が実施されています。そして・・・その学校検眼で、B判定やC判定などの判定をもらってしま...

もし、子供の視力が低下し始めていることに気がついたなら、、、まず最初にやるべきことは、なぜ視力が低下してきたのか、原因を探ることです。子供の視力が低下する3つの原因子供の視力低下の原因は、大きく分けると、次の3通りです。子供の視力低下の原因遺伝病気環境「遺伝」が原因か?もし、ご両親が近視だとすると、遺伝的要因で、子供も近視になる可能性はあります。だだし・・・ご両親自身が近視になった原因が、遺伝的な...

子供の視力低下の原因について考えたら、、、次にやるべきことは、問題解決方法を探すことです。つまり・・・原因を取り除くために何をやればいいのか、誰に頼ればいいのかを調べるということです。「遺伝」や「病気」が原因の場合子供の視力が低下してきたら、、、最初に一度病院で検査することをおすすめします。眼科の専門医に見てもらって、眼球に何らかの異常がないか検査してもらいましょう。病気が原因で視力が低下してきて...

目の中には、「水晶体」というレンズがあります。この水晶体は、「毛様体筋」という筋肉で支えられていて、、、毛様体筋で押したり引いたりすることで、ピント調節をすることができるようになっています。目でピント調整する仕組み近くを見るとき・毛様体筋で水晶体を押す↓・水晶体が周囲から押されて中央の厚みが増す↓・レンズが厚くなるので近くにピントが合う遠くを見るとき・毛様体筋で水晶体を引っ張る↓・水晶体が周囲から...

リハビリ治療というのは、、、地味なトレーニングを、コツコツと継続しなければならないものです。例えば、脚を骨折した患者さんのリハビリなども、、、弱った足の筋肉が回復するまで地道にトレーニングをする必要があります。地道なトレーニングはつらいですし、時間がかかってじれったいですが、、、地道にコツコツトレーニングを続ければ、確実に機能を取り戻すことができるのも事実です。そして・・・子供の仮性近視もトレーニ...

page top