小学生の視力回復方法「子供は自宅トレーニングで近視を治療できます!」

STEP1 問題意識を持つ | 子供の視力を守る方法

 

子供の身体はどんどん成長して
大きくなっていきますが、、、

 

逆に言えば、身体が未発達で、
非常に不安定な時期であると
言えます。

 

 

そのため・・・

 

 

子供の「目」も、非常に不安定な状態で、
ちょっとした刺激を受けただけでも、
見え方にトラブルをかかえてしまいます。

 

 

年に1回の学校検眼を過信しない!

 

 

毎年4月頃になると、学校で
「学校検眼」が実施されています。

 

 

そして・・・

 

 

その学校検眼で、B判定や
C判定などの判定をもらってしまい、、、

 

そこではじめて、子供の視力が
低下していることに気づくわけです。

 

 

ここで注意したいことが、、、

 

学校検眼は毎年1回しか
実施されていないということです。

 

 

つまり・・・

 

 

たとえ今回A判定(視力1.0以上)の
判定をもらったとしても、、、

 

子供の目は不安定なので、
1年後の視力を保証することは
できないということです。

 

 

子供の視力は親が守るという意識

 

 

子供の仮性近視は、、、

 

早期発見して、すぐに対策することが
できれば、比較的簡単に、元の視力に
戻すことができます。

 

 

だからこそ・・・

 

 

子供の視力を守るために、
学校検眼だけでは不十分だと
いうことを理解すべきです。

 

 

常日頃から、ご両親が、子供の視力の
ことを意識しておいて、、、

 

もし仮に視力低下があるようなら、
すぐに対策を取ることが大切なんです。

page top