小学生の視力回復方法「子供は自宅トレーニングで近視を治療できます!」

STEP3 問題解決方法を探す | 子供の視力を守る方法

 

子供の視力低下の原因に
ついて考えたら、、、

 

次にやるべきことは、
問題解決方法を探すことです。

 

 

つまり・・・

 

 

原因を取り除くために何をやれば
いいのか、誰に頼ればいいのかを
調べるということです。

 

 

「遺伝」や「病気」が原因の場合

 

 

子供の視力が低下してきたら、、、

 

最初に一度病院で検査することを
おすすめします。

 

 

眼科の専門医に見てもらって、
眼球に何らかの異常がないか
検査してもらいましょう。

 

 

病気が原因で視力が低下して
きている場合は、放置してしまうと
失明に至るケースもありえます。

 

 

だからこそ・・・

 

 

子供の視力が低下してきたら、
なんらかの病気じゃないかどうかだけ、
病院に行って確認してください。

 

 

「遺伝」や「病気」が原因ではない場合

 

 

病院に行って検査を受けて、、、

 

病気ではなく、仮性近視だという
診断結果をもらったら、、、

 

それ以上、何度も眼科に通っても
あまり意味はありません。

 

 

と言うのも・・・

 

 

眼科の先生は、目の病気を治療する
ことについては専門家ですが、、、

 

仮性近視の「リハビリ治療」みたいな
ことについては、あまり得意としていない
ケースが多いからです。

 

 

多くの場合、「ミドリン」という目薬を
処方されて、数ヶ月間様子を見るだけ
なので、時間がもったいないです。

 

 

眼の筋肉をトレーニングで鍛えましょう!

 

 

仮性近視は、眼の筋肉をうまく
使えていないことが原因ですので、、、

 

眼の筋肉をうまく使えるように
トレーニングする必要があります。

 

 

ある意味、リハビリみたいな
ことをする必要があるわけです。

 

 

仮性近視を治すには「リハビリ」が必要!
  • 遠近トレーニング
  • アイストレッチ

 

具体的にはコチラ → アイ・トレーニング

page top