小学生の視力回復方法「子供は自宅トレーニングで近視を治療できます!」

STEP4 問題解決方法を実践する | 子供の視力を守る方法

 

目の中には、「水晶体」という
レンズがあります。

 

 

この水晶体は、「毛様体筋」という
筋肉で支えられていて、、、

 

毛様体筋で押したり引いたり
することで、ピント調節をすることが
できるようになっています。

 

 

目でピント調整する仕組み
近くを見るとき

・毛様体筋で水晶体を押す

・水晶体が周囲から押されて中央の厚みが増す

・レンズが厚くなるので近くにピントが合う

遠くを見るとき

・毛様体筋で水晶体を引っ張る

・水晶体が周囲から引っ張られて中央の厚みが減る

・レンズが薄くなるので遠くにピントが合う

 

 

子供の仮性近視は毛様体筋の緊張が原因!

 

 

子供の仮性近視は、毛様体筋が
うまく動かない状態になってしまって
起きる現象です。

 

 

つまり・・・

 

 

近くばかりを見ていたり、
薄暗いところで文字を見て
いたりすることで、、、

 

毛様体筋が緊張状態になり、
うまく動かなくなってしまう
わけです。

 

 

そのため・・・

 

 

毛様体筋が凝り固まって
機能しなくなる前に、、、

 

なるべく早い段階で、リハビリの
トレーニングをする必要があります。

 

 

仮性近視を治すには「リハビリ」が必要!
  • 遠近トレーニング
  • アイストレッチ

 

具体的にはコチラ → アイ・トレーニング

page top